ゴウ
【ゴウ】2009.11.5

太塚家住宅【重文】と霞ヶ浦の夕焼け

昨日は文化の日でお休みだったので、まぁちょっと文化っぽい事しようかなと思い立ちまして、茨城県つくば市にある重要文化財「太塚家(おおつかけ)」に行ってきました。

太塚家住宅は18世紀前期(正徳〜享保)に建てられた上層農家建築です。寄棟、茅葺、直屋形式で、厩部分が突き出ているところが当地方の特色の1つになっ ています。又、太塚家住宅は江戸時代前期の特徴と後期の特徴が混在するのも特徴で建築様式が移行する経緯がわかる遺構として大変貴重な存在です。太塚家は 太田道灌の子孫とされ中世の領主である小田城主小田氏の家臣でしたが小田氏が没落する過程で帰農土着し代々名主を務めました。太塚家住宅は昭和51年に国指定重要文化財に指定されています。(茨城県WEB観光案内所より

太塚家のある集落

太塚家のある集落まで来たのですが、それらしき建物が見当たらずにうろうろ。文化の日、重要文化財だと言うのに俺たち以外には誰もいません。



太塚家看板

太塚家の看板発見!

てか小せえ!そして痛み過ぎ。



門

ありました、太塚家。とても立派な門です。門っぽいのですが、門の中に住居もあるみたいです。



説明文

太塚家住宅の説明文。江戸城を造った太田道灌の子孫らしいです。



重要文化財指定

かなりかすれてますが、重要文化財指定とあります。

しかし、肝心の太塚家はこの門の中にあるっぽいんですが、なんとも入りにくい。まず受付とかが無い。そして門のあたりですごく生活の香りがする。

つまり、一般のお宅に勝手に上がり込むような感じですごく入りにくい・・・。どうしよう・・・、勝手に入って怒られないかな・・・とか考えたのですが、せっかく東京から来たので門の中に入る事にしました。お邪魔しまーす。

すると・・・



太塚家

ありました!太塚家住宅!すごく立派な茅葺き屋根のお宅です。



ん?でも、とくに順路とか受付とか説明文とかはなさそうです。この中が資料館にでもなってるのかな?と思いさっそくお宅の中へ。



土間

玄関を開けると土間がありました。

色々な農耕用具が置いてあります。

あれ?というか、奥の間にテレビやらコタツやらがある・・・。あれ?もしかしてここって普通に人住んでる?てっきり重要文化財だから資料館か何かになっていると思ってたのですが、どうやら普通に生活されているようです。

「こんにちはー」と声をかけると、台所の方から奥さんが出てきてくれました。「見学に来たのですが」と伝えると、



「あー、どうぞどうぞ、あがってください。おじいちゃん呼んできますね〜、おじいちゃーん!」



と、どうやら家主のおじいちゃんを呼んできてくれるみたいです。土間には来客用のソファがあり(土間にソファがミスマッチで良かったです)、そこに座って待っているとお茶とお菓子が!

お茶と菓子

えええ。なんだか知り合いのお宅にお邪魔しているような錯覚を覚えます。



天井

土間の天井。

ぶっとくて曲がった木材を梁に使用していて、とても趣があります。また梁の上には竹が敷き詰められています。白川郷の合掌造りもこんな感じだったなぁ。

と、ここで家主のおじいちゃんが登場。



おじいちゃん

御年90歳になるというおじいちゃん。

この家の由来や自分の若い頃の話などを聞かせてくれました。

ちなみに聞き手は、幼なじみのタクです。



王将

こちらはおじいちゃんが戦争中に食堂を利用する際に使っていた使用証?みたいなものらしいです。年期がめちゃくちゃ入ってます。



賞状

家の構造などの話以外にも、昔ばなしを沢山してくれました。

なんか、本当に知り合いのお宅に遊びにきたような気分です。

この手の文化財は色々と見てきましたが、実際に人が住まわれていて、見学無料で、お茶出してくれて、おじいちゃんが色々お話までしてくれるなんて所は初めてでした。感動です。

芳名帳があったので我々も記入したのですが、それを見るとどうやら10日に一組くらいの割合で見学者がいるみたいです。でもおじいちゃん曰く、



「みんな門の所で写真撮って帰っちゃうんだよなー」



との事。

そりゃそうだ。勝手に人んちの敷地に入るのは勇気がいりますからね。

重要文化財だけど普通のお宅。そんな太塚家のおじいちゃんは、訪れた人を快く出迎えてくれる優しい方でした。また訪れたいので是非長生きして欲しいです。



〜おまけ〜

太塚家の帰りに霞ヶ浦に行ってきました。
夕焼け

俺とタク。

霞ヶ浦に沈む夕日がやばいくらいに奇麗でした。



夕日に向かってジャンプ

とりあえず、夕日に向かってジャンプ。



タク

おかしなテンションになるタク。



あそう温泉

こちらが霞ヶ浦の湖畔にある「あそう温泉白帆の湯

湯船から霞ヶ浦が一望できるすばらしい眺めでした。



そんな感じで、とても文化の日らしい一日でした。



おわり。

トラックバック

http://osora.net/archives/852

コメント

匿名 2009.11.06 08:59:00

いまさらですけどお空メンバーの紹介、ダンスユニットってwwwww


匿名 2009.11.06 18:27:45

梁に使ってる木がすごいですねえ。
年季入ってて色合いがなんともいえず。

このへんのサイトはゴウさんご存知でしょうか?
温泉データベースの古民家版みたいなとこです。
http://furumiru.com/


匿名 2009.11.06 22:47:28

っちょ、自分地元ですけど、こうゆう場所があるのを初めて知りました…。
今度見に行ってきます☆


ゴウ 2009.11.07 17:39:16

>匿名さん
いや、何を隠そう結構踊って歌えるユニットなんですよ。我々は。


>匿名さん
おお、それは知らなかった!
良いサイトをありがとう。


>匿名さん
是非行ってみてください。
おじいちゃんの訛りがひどくて、所々聞き取れなかったんですが、地元民なら大丈夫。


コメントを投稿する

Name

Website URL

Comment

カテゴリとか

アーカイブ

最近のエントリー

最近の写真

  • 秀一
  • 秀一
  • 秀一
  • 秀一
  • 秀一
  • 秀一
  • 秀一
  • 秀一
  • 秀一
  • 秀一
  • ズッキーニ
  • ズッキーニ
  • 故宮
  • ミッキーマウス(本物)
  • 焼けたビル
  • タバコ
  • 新郎新婦
  • いらっしゃいませ
  • 殺伐とした店内
  • ビールと紹興酒

サイト内検索

自己紹介

お空の下で遊ぶしねぇ?のメンバー

長野県信濃町出身のダンスユニット。HIPHOPからテクノ、ラテン、社交ダンスまで、なんでもこなします。

詳しくはこちら>

ブックマーク